PROFILE



ビューティプロデューサー/松原 立恵

Ritsue Matsubara



50歳を前にモデルデビュー。


モデルスクールのウォーキング講師活動をきっかけにモデル活動を開始。


もともとはアクセサリーデザイナーであったが、万年デスクワークの不良姿勢から肩こり、冷え性、むくみなどの慢性不調から重度の金属アレルギーになる。


30代からステロイドが手放せなくなり、どんどん増える薬の量に恐怖を感じ始め、ライフスタイルを見直し、食べ方や身体の使い方を一掃一新させる。


身体が変わったことで、マインドが変わり、何をするにしても準備のかかっていた慎重派がいつしか前しか向かない楽天家に転向。


姿勢がそのひとの在り方とリンクすることを体感。


50代に突入し、名前が “立恵(りつえ)”であることから、本来あるべき立ち方”をお伝えするのがミッションだと考え、本格的に講師活動開始。


姿勢や立ち方を見直すことで、そのひとの本質的な美しさを引き出すプロデューサーとして、独自のユニークビューティメソッドを展開している。